悪徳金融業者 手口と被害に合ったときの対処法

MENU

悪徳金融業者の手口とは

悪徳金融業者

悪徳金融業者の手口は日々巧妙化していると言われています。

 

よく知られている「090金融」
携帯電話だけで取引を行うことで知られています。
事務所は持たない無登録業者で、連絡すると待ち合わせ場所で取引が行われます。

 

違法な金利を請求したり、厳しい取り立てが行われることもあり絶対に利用してはいけません。

 

更に名簿業者から購入した多重債務者の名簿から
悪徳金融業者が困っている人に対してダイレクトメールや電話などの手段で
金融機関を装って「お金を貸します」と連絡し
審査料金や保証金などを取って結局貸さない「貸します詐欺」

 

クレジットカードで商品を買わせて商品を引き取り、代金の半額程度か全く支払わない「買取屋」

 

「うちでは貸せないけど別のキャッシング業者を紹介する」といって紹介料を請求し
全く紹介しないか関係のない所を紹介する「紹介屋」などの被害が報告されています。

 

被害に合わないためにも私達が登録業者と悪徳金融業者をしっかりと見極めることが重要です。

 

少しだけお金を借りたい【短期間キャッシング】

悪徳金融業者の被害に合ってしまったら

急いでお金が必要な人ほど「焦って選んでしまった業者が悪徳業者だった」ということになりかねません。

 

悪徳業者は様々な方法で困っている人に近づき
悪徳業者からのキャッシングを利用した人に法外な金利を請求してきたり、厳しい取り立てを行うこともあります。

 

まずは相談!

もし悪徳業者の被害に合ったと思ったら、まずは落ち着いて悪徳業者の言いなりにならないよう

毅然とした態度を取らなければなりません。

 

また悪徳業者の言うままにお金を払う必要もなく、逃げる必要も全くありません。

 

そして登録業者の場合は業者のある都道府県へ、無登録の業者の場合は警察に届け出ましょう。

 

登録されている業者かどうかはインターネットで誰でも調べることができます。

 

また弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に相談することで
悪徳業者は取り立てができなくなることもあり、利用者にとっては精神的にも楽になります。

 

最近では無料で相談に乗ってくれる所もありますのでぜひ利用したいものです。

 

ばれないカードローンは?|家族に内緒